PKSHA(パークシャ)は「アルゴリズム」で時価総額1,800億円

【無料】株の短期売買で初心者でも稼ぐ方法を公開中

 

10月9日(月)は体育の日で

祝日でした。


今日から週始めですが、


PKSHA(3993)が爆益になっています。

 

■10月10日 PKSHA(パークシャ)

前日終値:11,800円(10/06)

始値:12,300円(09:03)

高値:14,450(14:59)

安値:12,300円(09:03)

出来高:2,821,700株

売買代金:37,868,341千円

 


【PKSHA 前場 1分足】




【PKSHA 後場 1分足】



【PKSHA 日足】




チャートを見ると、


ギャップアップして寄り付いた後も

上昇しています。


前場の高値は13,880円。



後場に入ってもそれほど


下がることなく、

大引け間際には本日の高値

14,450円を付けています。




 

具体的にPKSHA Technologyは
(パークシャ テクノロジー)

どんな会社か!?



上場したのが2017年9月22日。



公募価格が2,400円、初値予想3,400円。



実際の初値は5,480円で


やはり人気がありました!


東京大学発の


人工知能(AI)開発ベンチャーで

上野山勝也氏と山田尚史氏によって

2013年に設立。


すでに海外からも注目されており、


フォーブスアジア地域において

山田氏を選んでいます。





2012年に設立後、


NTTドコモや東京電力、トヨタ自動車

などを顧客として開拓。


リクルートや電通からも高く評価


されています。

 

現在のPKSHAは社員の

8割以上がエンジニア。


上野山社長はすべてのソフトウェアは


今後AIに置き換わり、

車もその例外ではありません。


ITバブル以降、インターネットの時代は


終演を迎え、「今後アルゴリズムの

時代に変わる」としています。

 

 

【無料】株の短期売買で初心者でも稼ぐ方法を公開中

 

是非ともポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP