タカタ破綻で代替銘柄は芦森工業、ダイセル、日本プラスト

【無料】株の短期売買で初心者でも稼ぐ方法を公開中

 

6月26日、タカタ(7312) の民事再生法

適用申請を決定しました。

 


 

事業内容は、

シートベルト、エアバッグ、

チャイルドシートなど自動車部品製造販売。

 

1兆円を超える負債!

でも…1兆円って無茶苦茶な金額です。

 


 

欠陥エアバッグのリコール問題で

業績が悪化しての破綻。


裁判所のもとで再建を目指すそうですが、


7月27日付で上場廃止を決定。


これだけ大きい金額での破綻は


戦後最大でしょう!!!

 

ですが、、、

タカタがなくなる事により

恩恵を受けての代替銘柄筆頭は、

芦森工業(3526)。

 

事業内容は、 

消防用ホース大手で主力は産業資材。

自動車用シートベルトなど


安全部品の製造販売。

 

【午後1時40分現在】

■6月26日 芦森工業 

始値:240円

高値:277円 

安値:240円

出来高:26,762,000株

売買代金:7,063,986千円

 

 

【芦森工業 前場 1分足】



 

芦森工業も

仕手株というウワサです!

 


そしてダイセル(4202)。


 

事業内容は、

コチラも合成樹脂、有機合成、

エアバッグ用部品等の製造販売

をしています。

 

【午後2時05分現在】

■6月26日 ダイセル

始値:1,292円

高値:1,323円 

安値:1,288円

出来高:859,600株

売買代金:1,124,216千円

 

 

【ダイセル 前場 1分足】



 

その他には


・日本プラスト(7291)エアバッグ


・カネミツ(7208)インフレーター

・セーレン(3569)エアバッグ


など関連銘柄があります。


 

芦森工業、ダイセルは出来高も多く

特に注目です!

 

 

【無料】株の短期売買で初心者でも稼ぐ方法を公開中

 

是非ともポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP