前場引け:米国経済が好調な先行きに対し、東京市場も朝方から買いが先行

日経平均 19,522.80 (+28.27)
日経平均先物 19,490.00 (-10.00)
TOPIX 1,552.35 (-0.01)

JASDAQ 2,714.98 (+2.54)
マザーズ 926.57 (-1.70)
為替(ドル/円)117.57-60 (-0.27)

 

【東証1部】
売買高概算 10億920万株
売買代金概算 1兆959億円

値上り銘柄数 673
値下り銘柄数 1163
変わらず 164

 



━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の前場まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
21日前場の日経平均株価は前日比28円27銭高の19,522円80銭と小幅続伸。

米国経済が好調な先行きに対し、楽観的な見方が広がる中、東京市場も朝方から買いが先行。

米国株同様、連動性の高い自動車株や銀行株が買われて寄り付いた。

午前9時25分には前日比98円高の19,552円89銭を付ける場面があった。

買い一巡後は上値が重く、利益確定売りに伸び悩んだ。

今週ぐらいから徐々に海外投資家のクリスマス休暇が増え、市場参加者が少なくなる。

その分売り物も出にくいと考える。

東証1部の売買高概算は10億920万株、売買代金概算は1兆959億円。

業種別で見ると、日産(7201)、トヨタ(7203)、デンソー(6902)などの輸送用機器、三菱商事(8058)、伊藤忠(8001)、住友商事(8053)などの卸売業、東京海上(8766)、T&DHD(8795)、MS&AD(8725)などの保険業が上昇した。

33業種中、16業種のみ堅調に推移した。

 

よろしければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP