前場引け: 株価指数先物に多く売りが出て、上値が重くなった

2016年12月16日

日経平均 19,225.24 (-28.37)
日経平均先物 19,150.00 (-30.00)
TOPIX 1,538.99 (+0.30)

JASDAQ 2,685.28 (+2.17)
マザーズ 931.33 (-1.35)
為替(ドル/円)117.28-37 (+0.25)

 

【東証1部】
売買高概算 12億1793万株
売買代金概算 1兆3652億円

値上り銘柄数 880
値下り銘柄数 981
変わらず 134

 



━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の前場まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
15日前場の日経平均株価は前日比28円37銭安の19,225円246銭と8日ぶりに反落した。

前日のNY株式市場は8日ぶりに反落し、FOMC(米連邦公開市場委員会)で1年ぶりに利上げを決定。

朝方は米国株が軟調で推移したものの、為替で1ドル=117円台半ばと円安に振れ、朝方から買いが先行した。

午前9時16分には前日比183円29銭高の19,436円90銭を付ける場面があった。

その後、株価指数先物に多くの売りが出たことをきっかけに上値が重くなった。

東証1部の売買高概算は12億1793万株、売買代金概算は1兆3652億円。

業種別で見ると、トヨタ(7203)、富士重工(7270)、デンソー(6902)などの輸送用機器、HOYA(7741)、タムロン(7740)、オリンパス(7733)などの精密機器、郵船(9101)、商船三井(9104)、川崎汽船(9107)などの海運業が上昇した。

33業種中、12業種が堅調に推移した。

 

よろしければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP