本日の展望:海外投資家からの買いが継続し、日経平均は4日続伸と予想

NYダウ 19,614.81 (+65.19)
NASDAQ 5,417.35 (+23.59)
S&P500 2,241.35 (+4.84)

日経平均先物 18,820.00 (+90.00)
為替(ドル/円)113.99-4.04 (+0.24)
為替(ユーロ/円)120.96-1.02 (-1.33)

 



 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇海外の動向
━━━━━━━━━━━━━━━━━
8日のNY株式市場は4日続伸。

前日比65ドル19セント高の19,614ドル81セントと過去最高値で取引きを終えた。

再び過去最高値を更新し4日連続。

ECB(欧州中央銀行)が理事会で、量的金融緩和の9カ月延長を決めたことなどを受けて、欧州株式相場が上昇。

米株式市場にも資金が流入しやすいとの見方から買いが優勢になり、3指数とも最高値を付け、銀行など金融株が上昇した。

 

《米決算発表》
なし

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の相場見通し
━━━━━━━━━━━━━━━━━
8日の東京市場で日経平均は3日続伸。

一時伸び悩む場面もあったが、後場で引け間際に高値引けで12月1日以来、年初来高値を更新した。

東京電力HDやソフトバンクGなど主力株が買われ、東証1部の値上り銘柄数は1414、値下り銘柄数は485となった。

為替では1ドル=113円台と円高ドル安が進んでも下げ渋っており、円高耐久が保たれている。

そして本日の相場見通しは、ECB(欧州中央銀行)が理事会で、量的金融緩和の9カ月延長を決めたことなどを受けて、欧州株式相場が上昇。

米国株も買われ、S&P500、ナスダックなど3指数とも最高値を更新し、東京市場も堅調な展開になりそう。

トランプラリーは健在で、銀行株に対する不安が和らいでいる。

円安に一服感はあるものの、日経平均も終値ベースで年初来高値を更新した。

海外投資家からの買いが継続され、日経平均は4日続伸と予想。

予想レンジは18,700円~19,000円。

 

《決算発表》
エイチ・アイエス、カナモト、エイチーム、イトクロ、丹青社

 

■今日のイベントスケジュール
【国内】 11月マネーストック(8:50)
    メジャーSQ算出

【海外】 中国11月消費者物価・生産者物価(10:30)
    米10月卸売売上高(12/10 0:00)
            米10月卸売在庫(12/10 0:00)
            米12月ミシガン大学消費者マインド指数(12/10 0:00)

 

よろしければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP