前場引け:日経平均は来週のFOMCまで堅調な展開が続く

日経平均 18,974.09 (+208.62)
日経平均先物 18,920.00 (+190.00)
TOPIX 1,521.72 (+9.03)

JASDAQ 2,664.01 (-3.24)
マザーズ 900.71 (+12.16)
為替(ドル/円)114.37-45 (+0.36)

 

【東証1部】
売買高概算 17億1686万株
売買代金概算 2兆2252億円

値上り銘柄数 988
値下り銘柄数 859
変わらず 144

 



 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の前場まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
9日前場の日経平均株価は前日比208円62銭高の18,974円09銭と4日続伸。

ECB(欧州中央銀行)が理事会で、量的金融緩和の9カ月延長を決めたことなどを受けて、欧州株式相場が上昇。

NY株式市場が3指数とも最高値を更新し、日本株にも朝方から買いが集まった。

為替も1ドル=114円台半ばと円安ドル高に加え、原油高も支えになり、一時(前日比)218円高を付ける場面があった。

米長期金利が上昇し、依然海外投資家からの資金が流入して活況を呈している。

市場予想では、12月13日(火)~14日(水)米現地時間の「FOMC(米連邦公開市場委員会)までは堅調な展開が続く」との声が聞こえている。

昨日は東京電力HDやソフトバンクGなどの主力株が買われたが、現在東京電力HDは、週末ということや利益確定売りに押されている。

東証1部の売買高概算は17億1686万株、売買代金概算は2兆2252億円。

業種別で見ると、、石油資源(1662)、日鉄鉱業(1515)、海洋堀削(1606)などの鉱業、出光興産(5019)、コスモエネルギー(5021)、昭和シェル(5002)などの石油・石炭製品、任天堂(7974)、三菱鉛筆(7976)、ヤマハ(7951)などのその他製品が上昇した。

反面、コマツ(6301)、クボタ(6326)、ダイキン工業(6367)などの機械、日本ガイシ(5333)、TOTO(5332)、ニチハ(7943)などのガラス・土石製品、マルハニチロ(1333)、極洋(1301)、ホクト(1379)などの水産・農林業が下落した。

33業種中、29業種が堅調に推移した。

 

よろしければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP