前場引け:1日(木)の年初来高値を上回り、18,733円53銭を付ける場面があった

日経平均 18,649.03 (+152.34)
日経平均先物 18,660.00 (+160.00)
TOPIX 1,502.31 (+11.69)

JASDAQ 2,669.05 (+0.85)
マザーズ 890.85 (-7.07)
為替(ドル/円)113.54-56 (-0.21)

 

【東証1部】
売買高概算 13億8523万株
売買代金概算 1兆5676億円

値上り銘柄数 1086
値下り銘柄数 758
変わらず 146

 



 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の前場まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
8日前場の日経平均株価は前日比152円34銭高の18,649円03銭と3日続伸。

3日連続で史上最高値を更新した7日の米株高が好材料となり、主力株を中心に朝方から買いが先行。

12月1日(木)の年初来高値18,513円12銭を上回り、午前9時21分には前日比236円高の18,733円53銭を付ける場面があった。

買い一巡後は上値が重く、為替で1ドル=113円台半ばと円高に振れていることも要因となっている。

昨日トランプ氏との会談で、500億ドル(約5兆7000億円)投資をする方針を示した孫正義氏のソフトバンクグループが売買代金でトップ。

トヨタ自動車や東京電力HDも活況高になっている。

東証1部の売買高概算は13億8523万株、売買代金概算は1兆5676億円。

業種別で見ると、、中部電力(9502)、東京電力HD(9501)、沖縄電力(9511)などの電気・ガス業、ソフトバンクグループ(9984)、NTT(9432)、NTTドコモ(9437)などの情報・通信業、SOMPOHD(8630)、東京海上(8766)、MS&AD(8725)などの保険業が上昇した。

反面、塩野義製薬(4507)、エーザイ(4523)、久光製薬(4530)などの医薬品、アイロムG(2372)、エムスリー(2413)、カカクコム(2371)などのサービス業、住友不動産(8830)、NTT都市(8933)、テーオーシー(8841)不動産業が下落した。

33業種中、28業種が堅調に推移した。

 

よろしければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP