前場引け:後場は海外投資家の利益確定売りに押される場面も

日経平均 18,370.83 (+95.84)
日経平均先物 18,358.00 (+98.00)
TOPIX 1,477.23 (+10.27)

JASDAQ 2,664.72 (+6.00)
マザーズ 906.95 (+4.19)
為替(ドル/円)113.62-67 (-0.20)

 

【東証1部】
売買高概算 11億2175万株
売買代金概算 1兆1677億円

値上り銘柄数 1266
値下り銘柄数 582
変わらず 142

 



 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の前場まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
6日前場の日経平均株価は前日比95円84銭高の18,370円83銭と3営業日ぶりに反発。

前日の欧米株高を背景に朝方から買いが先行。

寄り付きから18,450円台を回復し、200円を超える上げ幅を見せた。

買い一巡後は上げ幅を縮小し、18,350円~18,400円台近辺でもみ合った。

為替も113円台後半から半ばに推移し、後場は海外投資家の利益確定売りに押され、値を消す展開も予想される。

東証1部の売買高概算は11億2175万株、売買代金概算は1兆1677億円。

業種別で見ると、、新日鉄住金(5401)、JFE(5411)、神戸製鋼(5406)などの鉄鋼、商船三井(9104)、郵船(9101)、川崎汽船(9107)などの海運業、野村(8604)、岡三証券(8609)、大和証券G(8601)が上昇した。

反面、日本製紙(3863)、王子HD(3861)、大王製紙(3880)などのパルプ・紙、グリコ(2206)、カルビー(2229)、明治HD(2269)などの食料品、JAL(9201)、SFJ(9206)、パスコ(9232)などの空運業が下落した。

33業種中、28業種が堅調に推移した。

 

よろしければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP