日経平均(大引け):18,274円 -151 今晩の欧米株式市場の動きが注目される

日経平均 18,274.99(-151.09)
日経平均先物 18,260.00(-70.00)
TOPIX 1,466.96(-11.02)

JASDAQ 2,658.72(+0.52)
マザーズ 902.76(-4.26)
為替(ドル/円)113.39-48(-0.15)

 

【東証1部】
売買高概算 20億6800万株
売買代金概算 2兆2937億円

値上り銘柄数 539
値下り銘柄数 1327
変わらず 124

 



 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の相場まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
5日の日経平均株価は前週末比151円09銭安の18,274円99銭と続落した。

イタリアの憲法改正をめぐる国民投票で、レンツィ首相が敗北を認め辞意を表明。

政府が支援に乗り出さなければいけない、国内大手銀行の不良債権問題が、金融市場に与える影響から円高となり、ほぼ全面安に近い状態まで下落。

日銀のETF買い期待が後退したのも下げ幅拡大につながり、一時200円近くなった。

その後18,250円~18,300円台の安値圏でもみ合い、引けにかけては若干下げ渋った。

今晩の欧米株式市場の動きが注目される。

東証1部の売買高概算は20億6800万株、売買代金概算は2兆2937億円。

業種別で見ると、サカタのタネ(1377)、カネコ種苗(1376)、ホクリョウ(1384)などの水産・農林業、郵船(9101)、ユナイテッド海運(9110)、共栄タンカー(9130)などの海運業、双日(2768)、あらた(2733)、TOKAIHD(3167)などの卸売業が上昇した。

反面、三住トラスト(8309)、三井住友(8316)、三菱UFJ(8306)などの銀行業、セコム(9735)、リログループ(8876)、H.I.S.(9603)などのサービス業、三井不動産(8801)、住友不動産(8830)、三菱地所(8802)などの不動産業が下落した。

33業種中、7業種のみ堅調に推移した。

 

 
【6日のお勧め銘柄】
・野村ホールディングス東1〈8604〉
・DMG森精機東1〈6141〉
・日本駐車場開発東1〈2353〉
・太平洋興発東1〈8835〉
・日本CMK東1〈6958〉
・光世証券東1〈8617〉
・タダノ東1〈6395〉
・シンフォニアテクノロジー東1〈6507〉
・東芝東1〈6502〉
・アビックスJQ〈7836〉
・Jストリームマザ〈4308〉

 

よろしければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP