前場引け:ポジション調整の動きがあったが、その後の押し目買いもある

日経平均 18,425.45 (-87.67)
日経平均先物 18,439.00 (+39.00)
TOPIX 1,480.79 (-2.48)

JASDAQ 2,662.21 (-6.23)
マザーズ 909.38 (-10.60)
為替(ドル/円)113.91-96 (-0.17)

 

【東証1部】
売買高概算 13億9284万株
売買代金概算 1兆3899億円

値上り銘柄数 755
値下り銘柄数 1113
変わらず 122

 



 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の前場まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
2日前場の日経平均株価は前日比87円67銭安の18,425円45銭と3日ぶりに反落。

昨日までのドル高円安が一服し、今年1月4日に付けた年初来高値18,450円98銭を更新し高熱感もあり、利益確定売りが進んだ。

株価指数先物の売りが下げ幅を広げ、一時142円安になった場面もあったが、下げは限定的だった。

本日が週末ということに加え、2日(金)米11月雇用統計や4日(日)イタリアの国民投票などのイベントを控え、調整売りが目立った。

米11月雇用統計やイタリアの国民投票などのイベントを控え、ポジション調整の動きもあったが、その後の押し目買いもある。

依然、海外投資家の資金流入も観測されている。

東証1部の売買高概算は13億9284万株、売買代金概算は1兆3899億円。

業種別で見ると、野村(8604)、岡三証券(8609)、大和証券G(8601)などの証券・商品先物、三井住友(8316)、三住トラスト(8309)、三菱UFJ(8306)などの銀行業、商船三井(9104)、郵船(9101)、川崎汽船(9107)などの海運業が上昇した。

反面、ブリヂストン(5108)、東洋ゴム(5105)、横浜ゴム(5101)などのゴム製品、明治HD(2269)、アサヒ(2502)、サッポロHD(2501)などの食料品、任天堂(7974)、ヤマハ(7951)、ダンロップ(7825)などのその他製品が下落した。

33業種中、15業種が堅調に推移した。

 

よろしければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP