日経平均(大引け):18,513円 +204 午後2時を前に買いの勢いが弱くなると、利益確定売りが目立った

2016年12月2日

日経平均 18,513.12(+204.64)
日経平均先物 18,400.00(+20.00)
TOPIX 1,483.27(+13.84)

JASDAQ 2,668.44(+0.35)
マザーズ 919.98(-2.50)
為替(ドル/円)113.92-4.01(-0.52)

 
【東証1部】
売買高概算 28億2141万株
売買代金概算 3兆2911億円

値上り銘柄数 1137
値下り銘柄数 735
変わらず 118

 



 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の相場まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1日の日経平均株価は前日比204円64銭高の18,513円12銭と続伸。

OPEC減産合意を受け原油高となり、原油先物が1バレル=50ドル近くまで急騰。

為替で1ドル=114円台後半まで円安が進み、主力株中心に幅広く買われた。

引き続き、海外投資家の資金流入が観測され、午前11時14分には前日比437円80銭高の18,746円28銭を付ける場面があった。

米国市場で金融株が買われた流れを受け継ぎ、東京市場でも銀行や証券、保険なども買いが優勢。

ドル高円安により、トヨタやホンダなどの輸出関連企業も堅調に推移した。

ただ午後2時を前に買いの勢いが弱くなると、上値の重さが意識され、2日(金)の米11月雇用統計や4日(日)のイタリア国民投票を前に、利益確定売りが目立った。

東証1部の売買高概算は28億2141万株、売買代金概算は3兆2911億円。

業種別で見ると、丸三証券(8613)、岡三証券(8609)、大和証券G(8601)などの証券・商品先物、旭硝子(5201)、日電硝子(5214)、太平洋セメント(5233)などのガラス・土石製品、清水建設(1803)、長谷工(1808)、大成建設(1801)などの建設業が上昇した。

反面、JAL(9201)、SFJ(9206)、ANA(9202)などの空運業、ブリヂストン(5108)、住友ゴム(5110)、オカモト(5122)などのゴム製品、日本製紙(3863)、北越紀州(3865)、特種東海(3708)などのパルプ・紙が下落した。

33業種中、26業種が堅調に推移した。

 

 
【2日のお勧め銘柄】
・野村ホールディングス東1〈8604〉
・昭和シェル石油東1〈5002〉
・サンケン電気東1〈6707〉
・宇部興産東1〈4208〉
・ジェイテクト東1〈6473〉
・オムロン東1〈6645〉
・三菱UFJフィナンシャル・グループ東1〈8306〉
・三井住友フィナンシャルグループ東1〈8316〉
・シンフォニアテクノロジー東1〈6507〉
・パナソニック東1〈6752〉
・住友不動産東1〈8830〉
・東芝東1〈6502〉

 

よろしければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP