前場引け:外国人投資家の買いもあり、次は19,000円が意識される

日経平均 18,464.73 (+131.32)
日経平均先物 18,470.00 (+100.00)
TOPIX 1,469.54 (+9.58)

JASDAQ 2,641.87 (-2.21)
マザーズ 917.31 (-6.80)
為替(ドル/円)113.76-81 (+0.47)

 

【東証1部】
売買高概算 11億4947万株
売買代金概算 1兆2011億円

値上り銘柄数 1075
値下り銘柄数 783
変わらず 129

 



 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の前場まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
25日前場の東京市場で日経平均株価は前営業日比131円32銭高の18,464円73銭と7日続伸した。

24日のNY株式市場は感謝祭の祝日で休場だったが、為替で1ドル=113円台とさらに円安が加速して、朝方から買いが先行。

欧州株式市場が堅調だったことも、株価上昇の支えとなった。

週末ということもあって途中、利益確定売りに上値を抑えられたが、下げも限定的だった。

外国人投資家の買いが続いているようで、押し目買いを入れにくい。

利益確定売りも視野に入れる必要があるが、次は節目の19,000円が意識される。

昨日に引き続き、トヨタ、ホンダなどの自動車株が牽引し、非鉄金属の上昇も株価の押し上げに寄与している。

東証1部の売買高概算は11億4947万株、売買代金概算は1兆2011億円。

業種別で見ると、トヨタ(7203)、ホンダ(72678)、富士重工(7270)などの輸送用機器、三菱マテリアル(5711)、住金鉱山(5713)、DOWA(5714)などの非鉄金属、オリンパス(7733)、HOYA(7741)、テルモ(4543)などの精密機器が上昇した。

33業種中、27業種が堅調に推移した。

 

よろしければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP