前場引け:後場も利食いが上値を押さえる見方が強いが、大きく上昇もありうる

日経平均 18,112.43 (+6.41)
日経平均先物 18,130.00 (+30.00)
TOPIX 1,445.81 (+2.88)

JASDAQ 2,632.97 (-5.49)
マザーズ 926.41 (+2.09)
為替(ドル/円)110.71-75 (-0.15)

 

【東証1部】
売買高概算 10億1911万株
売買代金概算 1兆346億円

値上り銘柄数 1072
値下り銘柄数 738
変わらず 176

 



 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の前場まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
22日前場の東京市場で日経平均株価は前日比6円41銭高の18,112円43銭と小幅に続伸した。

寄り付き前に、福島県を中心とした地震があり、為替がリスク回避で円高方向に傾いたことにより朝方は売りが先行。

現地の被害も限定的で、その後押し目買いもあり、底堅い展開となった。

前日の米国株式市場では再び最高値を更新。

東京市場の直近は上昇に過熱感があるが、上値を追う展開にもならず、18,100円を挟んでもみ合った。

明日の休場を前に、後場も利食いが上値を押さえる見方が強いが、それがなければ大きく上昇もありうる。

東証1部の売買高概算は10億1911万株、売買代金概算は1兆346億円。

業種別で見ると、昭和シェル(5002)、出光興産(5019)、コスモエネルギー(5021)などの石油・石炭製品、石油資源(1662)、海洋掘削(1606)、三井松島(1518)などの鉱業、デジアーツ(2326)、NSSOL(2327)、キューブシステム(2335)などの情報・通信業が上昇した。

33業種中、21業種が堅調に推移した。

 

よろしければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP