前場引け:安倍・トランプ会談は問題なく、日経平均は18,000円台に

日経平均 18,011.79 (+149.16)
日経平均先物 18,020.00 (+140.00)
TOPIX 1,431.19 (+8.11)

JASDAQ 2,621.84 (+12.31)
マザーズ 918.36 (-2.09)
為替(ドル/円)110.62-63 (+0.54)

 

【東証1部】
売買高概算 13億7128万株
売買代金概算 1兆3144億円

値上り銘柄数 1327
値下り銘柄数 515
変わらず 142

 



 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の前場まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
18日前場の東京市場で日経平均株価は前日比149円16銭高の18,011円79銭と3日続伸。

取引き時間中の18,000円台は今年の1月7日以来、10ヶ月ぶり。

1ドル=110円台後半まで円安に振れてことや米株高に好感し、朝方は買いが先行。

その後上昇し、一時180円を超えた。

週末ということや利益確定売りで上値は押さえられたが、円安進行で18,000円台で推移した。

気になる安倍首相とドナルド・トランプ次期大統領の会談は形式的なものだったが、時間を延長して1時間30分にわたるものだった。

安倍首相をとても歓迎して、和やかなムードで終わったようだ。

東証1部の売買高概算は13億7128万株、売買代金概算は1兆3144億円。

業種別で見ると、郵船(9101)、商船三井(9104)、川崎汽船(9107)などの海運業、トヨタ(7203)、ホンダ(7267)、富士重工(7270)などの輸送用機器、日本ガイシ(5333)、板硝子(5202)、太平洋セメント(5233)などのガラス・土石製品などが上昇した。

33業種中、26業種が堅調に推移した。

 

よろしければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP