日経平均(大引け):17,862円 +194 トランプ・ラリーと言われ過熱感はあるが、18,000円を節目に推移しそう

日経平均 17,862.21(+194.06)
日経平均先物 17,880.00(0.00)
TOPIX 1,421.65(+18.67)

JASDAQ 2,595.95(+10.87)
マザーズ 907.15(+20.94)
為替(ドル/円)109.39-40(+0.24)

 
【東証1部】
売買高概算 27億2666万株
売買代金概算 2兆8561億円

値上り銘柄数 1585
値下り銘柄数 314
変わらず 86

 



 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の相場まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
16日の東京市場で日経平均株価は前日比194円06銭高の17,862円21銭と大幅反発。

終始買い優勢で、取引き時間中での17,800円は2月1日以来9ヶ月ぶり。

15日の米国市場でNYダウが54ドル高と連日高値を更新した。

為替でも1ドル=109円台まで円安方向に振れたことを受け、朝方から買いが集まり、寄り付きは164円高からのスタート。

前場は上値が重く、円安が一服した状態から銀行株が大幅上昇し、前場引けにかけて相場を引き上げた。

後場寄り付きは利益確定売りも出たが、依然買い優勢で、午後0時39分には本日の高値17,886円44銭を付けた。

その後はもみ合いが続き、上値は押さえられたが、メガバンクの堅調差が目立った。

トランプ・ショックから一転、トランプ・ラリーと言われ短期的な過熱感はあるが、18,000円を節目に推移しそう。

17日(木)に安倍首相がトランプ次期米大統領と会談があり、とりあえず問題はないと思われる。。

東証1部の売買高概算は27億2666万株、売買代金概算は2兆8561億円。

業種別で見ると、三住トラスト(8309)、三井住友(8316)、三菱UFJ(8306)などの銀行業、国際帝石(1605)、石油資源(1662)、海洋掘削(1606)などの鉱業、安田倉庫(9324)、三菱倉庫(9301)、住友倉庫(9303)などの倉庫・運輸関連が上昇した。

反面、三菱地所(8802)、三井不動産(8801)、住友不動産(8830)などの不動産業が下落した。

33業種中、32業種が堅調に推移した。

 

 
【17日のお勧め銘柄】
・光世証券東1〈8617〉
・ダブル・スコープ東1〈8617〉
・あおぞら銀行東1〈8304〉
・日本電子東1〈6951〉
・三井住友トラスト・ホールディングス東1〈8309〉
・みずほフィナンシャルグループ東1〈8411〉
・伊予銀行東1〈8385〉
・三菱UFJフィナンシャル・グループ東1〈8306〉
・コンコルディア・フィナンシャルグループ東1〈7186〉
・三井住友フィナンシャルグループ東1〈8316〉
・トーヨーカネツ東1〈6369〉
・三菱電機東1〈6503〉

 

よろしければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP