本日の展望:米大統領選は一大イベントだったが、国内企業の業績も株高に繋がる

NYダウ 18,807.88 (+218.19)
NASDAQ 5,208.79 (-42.27)
S&P500 2,167.48 (+4.22)

日経平均先物 17,510.00 (+210.00)
為替(ドル/円)106.77-82 (-0.02)
為替(ユーロ/円)116.23-31 (-0.08)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇海外の動向
━━━━━━━━━━━━━━━━━
10日のNY市場は大幅続伸。

トランプ政権での経済政策に対する期待感から買いが先行し、金融株や自動車株などが大きく上昇した。

ダウは218.19ドル高と4日続伸、取引時間中と終値での史上最高値を更新した。

 

《米決算発表》
メーシーズ、コールズ、ラルフローレン、エヌビディア、ウォルト・ディズニー

 



 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の相場見通し
━━━━━━━━━━━━━━━━━
10日の東京市場で日経平均は急反騰。

1,092円高と今年今年最大の上げ幅となりました。

「トランプショック」と言われ、米株式市場で政治・経済に大きな波紋を広がらなかったことを受け、東証1部でも98%ちかくの銘柄が上昇。

為替も1ドル=105円台後半へとドル高/円安が進行し、朝方から東京市場は主力株が買い気配スタートとなった。

業種別で見ても、33業種中すべての業種で買いが先行し、保険業、証券・商品先物、銀行業、鉄鋼、鉱業が大幅上昇した。

米大統領選挙は年内の一大イベントだったが、今後は国内企業の業績が株高に繋がってくる。

そして本日の見通しは、昨日に引き続き、日経平均先物、為替も1ドル=106円台後半と大きく円安に振れており、寄り付きから買い先行で始まりそう。

予想レンジは17,300円~17,650円。

 

《決算発表》
大塚HD、阪和興、大成建、ヤクルト、伊予銀、国際帝石、熊谷組、前田道、五洋建、テンプHD、コカ・コーラEJ、マツモトキヨシ、大王紙、東ゼネ石、洋ゴム、住友鉱、アサヒインテック、シチズン、凸版印、りそなHD、山口FG、イオンFS、T&DHD、三井不、NTT、飯田GHD、コンコルディア、青山商、ロート、東芝

 

■今日のイベントスケジュール
【国内】 10月国内企業物価指数(8:50)
            9月第三次産業活動指数(13:30)
            オプションSQ

【海外】 韓国中銀政策金利発表
      米11月ミシガン大学消費者景況感指数(11/12 0:00)
           米ベテランズデー

 

よろしければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP