日経平均(大引け):17,374円 +30 投資家の過熱感が冷静さを取り戻し、利益確定売りに

日経平均 17,374.79 (+30.37)
日経平均先物 17,380.00 (+80.00)
TOPIX 1,378.28 (+1.93)

JASDAQ 2,569.74 (-3.47)
マザーズ 860.64 (-12.38)
為替(ドル/円)106.46-50 (-0.35)

 

 
【東証1部】
売買高概算 33億9544万株
売買代金概算 3兆6150億円

値上り銘柄数 784
値下り銘柄数 1115
変わらず 87

 



 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の相場まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
11日の東京市場で日経平均株価は前日比30円37銭高の17,374円79銭と小幅続伸した。

今週は日本時間9日、午前9時から始まった米大統領選で、ドナルド・トランプ氏が第45代アメリカ合衆国大統領に決定。

トランプ大統領としての経済政策に株価が乱高下した。

本日も朝方から買い先行で始まり、17,500円台を回復するまでになった。

その後17,621円73銭まで上昇したが、上値は重く、大引けにかけては投資家の過熱感が冷静さを取り戻し、利益確定売りに押された。

東証1部の売買高概算は33億9544万株、売買代金概算は3兆6150億円。

業種別で見ると、東京海上(8766)、第一生命HD(8750)、SOMPOHD(8630)などの保険業、三井住友(8316)、三井トラスト(8309)、三菱東京UFJ(8306)などの銀行業、三菱マテリアル(5711)、古河電工(5801)、住友電工(5802)などの非鉄金属が堅調だった。

反面、ブイキューブ(3681)、デジアーツ(2326)、NESIC(1973)などの情報・通信業、マルハニチロ(1333)、日水(1332)、極洋(1304)などの水産・農林業、明治HD(2269)、キッコーマン(2801)、味の素(2802)などの食料品が下落した。

33業種中、18業種が上昇した。

 

 
【14日のお勧め銘柄】
・三菱UFJフィナンシャル・グループ東1〈8306〉
・SUMCO東1〈3436〉
・トレンドマイクロ東1〈4704〉
・三菱マテリアル東1〈5711〉
・日本抵抗器製作所東1〈6977〉
・協和発酵キリン東1〈4151〉
・東京海上ホールディングス東1〈8766〉
・コマツ東1〈6301〉
・マネックスグループ東1〈8698〉
・東邦亜鉛東1〈5707〉
・オークマ東1〈6103〉
・伊藤忠商事東1〈8001〉
・オリックス東1〈8591〉

 

よろしければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP