前場引け:トランプリスクは後退したが、利益確定売りもあり、小幅に反落

日経平均 17,150.84 (-26.37)
日経平均先物 17,150.00 (-60.00)
TOPIX 1,362.43 (-0.37)

JASDAQ 2,576.30 (-0.36)
マザーズ 877.01 (-3.28)
為替(ドル/円)104.42-43 (-0.03)

 

【東証1部】
売買高概算 8億1193万株
売買代金概算 7876億円

値上り銘柄数 725
値下り銘柄数 1079
変わらず 182

 



 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の前場まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
8日前場の東京市場で日経平均株価は前日比26円37銭安の17,150円84銭と小幅反落。

朝方はトランプリスクが後退し、一時前日比70円近く上昇したが、午前10時30分を過ぎた当たりからマイナス圏に入ってきた。

私用メール問題で訴追を免れたクリントン候補勝利は昨日、東京市場で材料となっていたため、株価を押し上げる要因としては物足りなかった。

米大統領選投開票は24時間に迫っているが、まだ結果が決まっているわけではないので積極的にポジションを仕掛けるにはリスクがある。

また利益確定売りもあり、小幅に反落したカタチになった。

業種別で見ると、東京海上(8766)、SOMPOHD(8630)、MS&AD(8725)などの保険業、郵船(9101)、商船三井(9104)、ユナイテッド海運(9101)などの海運業、HOYA(7741)、オリンパス(7733)、ニコン(7731)などの精密機械が上昇した。

33業種中、15業種が堅調だった。

 

よろしければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP