日経平均(大引け):17,442円 +17 日銀会合は無事通過したが、重要イベントが残っている

日経平均 17,442.40 (+17.38)
高値 17,473円12銭
安値 17,339円64銭

日経平均先物 17,440.00 (0.00)
TOPIX 1,393.19 (+0.17)
JASDAQ 2,609.68 (+0.87)
マザーズ 923.75 (-12.48)

 

【東証1部】
売買高概算 19億602万株
売買代金概算 2兆1094億円

値上り銘柄数 916
値下り銘柄数 911
変わらず 158

 



 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の相場まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1日の東京市場で日経平均株価は前週末比17円38銭高の17,442円40銭と小幅反発した。

前日のFOMC(連邦公開市場委員会)や雇用統計の内容、また民主党ヒラリー・クリントン大統領候補の私用メール問題など寄り付き前から不透明感があった。

朝方はマイナス圏からのスタートで、日銀の金融政策決定会合の発表を控えて様子見な感じだった。

そして昼前には結果が発表され、予想通り、現状維持を決定。

為替も円安方向に振れたことから後場はプラス圏で始まり、一時48円高の17,473円12銭を付ける場面があった。

買い一巡後は上値が重かったが、大引け前には小幅ながら再び、プラス圏で取引きを終えた。

業種別で見ると、東京電力HD(9501)、関西電力(9503)、九州電力(9508)などの電気・ガス業、JAL(9201)、ANA(9202)、パスコ(9232)などの空運業、三菱地所(8802)、三井不動産(8801)、住友不動産(8830)などの不動産業が堅調だった。

反面、郵船(9101)、商船三井(9104)、川崎汽船(9107)などの海運業、昭和シェル(5002)、JX(5020)、出光興産(5019)などの石油・石炭製品、国際帝石(1605)、海洋掘削(1606)、石油資源(1662)などの鉱業が軟調だった。

 

 

【明日のお勧め銘柄】
・ブラザー工業東1〈6448〉
・CKD東1〈6407〉
・SUMCO東1〈3436〉
・東芝東1〈6502〉
・NTTドコモ東1〈9437〉
・三菱電機東1〈6503〉
・伊藤忠商事東1〈8001〉
・アルテック東1〈9972〉
・きんでん東1〈1944〉
・JVCケンウッド東1〈6632〉
・ミライト・ホールディングス東1〈1417〉
・東京都競馬東1〈9672〉
・九州電力東1〈9508〉
・JPホールディングス東1〈2749〉
・四国電力東1〈9507〉
・太洋物産JQ〈9941〉
・プラコーJQ〈6347〉
・オーケー食品工業JQ〈2905〉

 

よろしければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP