前場引け:日銀金融政策決定会合の結果待ちで、積極的な売買に乏しい

日経平均 17,399.30 (-25.72)
高値 17,424円13銭
安値 17,327円62銭

日経平均先物 17,410.00 (-30.00)
TOPIX 1,388.66 (-4.36)
JASDAQ 2,607.40 (-1.41)
マザーズ 926.88 (-9.35)

 

【東証1部】
売買高概算 9億748万株
売買代金概算 9662億円

値上り銘柄数 655
値下り銘柄数 1182
変わらず 147

 



 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の前場まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
1日前場の東京市場で日経平均株価は前日比25円72銭安の17,399円30銭と続落。

前日の米株式が小幅に下落したのを受け、日経平均もマイナス圏からのスタートとなった。

午前10時に発表された中国の10月の製造業PMIが市場予想を上回ったことを受け、日経平均も下げ渋っているが、戻りも限定的。

昼頃に発表と予想される日銀金融政策決定会合の結果待ちということで、積極的な売買に乏しい。

午前9時51分には17,339円64銭まで下げる場面があった。

業種別で見ると、東京電力HD(9501)、関西電力(9503)、九州電力(9508)などの電気・ガス業、三菱地所(8802)、三井不動産(8801)、住友不動産(8830)などの不動産業、JAL(9201)などの空運業、東京海上(8766)、MS&AD(8725)、T&DHD(8795)などの保険業が堅調だった。

 

よろしければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP