日経平均(大引け):17,446円 +109 節目の17,500円を目指すも伸び悩んだ

日経平均 17,446.41 (+109.99)
高値 17,461円03銭
安値 17,406円72銭

日経平均先物 17,450.00 (+100.00)
TOPIX 1,392.41 (+10.40)
JASDAQ 2,604.09 (+9.51)
マザーズ 935.68 (-0.59)

 

【東証1部】
売買高概算 26億2881万株
売買代金概算 3兆1330億円

値上り銘柄数 1370
値下り銘柄数 510
変わらず 105

 



 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の相場まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
28日の東京市場で日経平均株価は前日比109円99銭高の17,446円41銭と反発。

ドイツ銀行の7-9月期決算が予想外の展開で黒字となり、金融リスクがに対する不安が後退。

為替で1ドル=105円台をつけドル高円安に振れたことから朝方から買いが先行。

証券、銀行、保険などの金融株が上昇し、投資家の購買意欲をかき立て、午後2時54分には本日の高値17,461円03銭を付ける場面があった。

上昇する流れに過熱感も加わり、節目の17,500円を目指すも、利益確定売りや週末ということで伸び悩んだ。

業種別で見ると野村(8604)、大和証券G(8601)、岡三証券(8609)などの証券・商品先物、東京海上(8766)、第一生命HD(8750)、SOMPOHD(8630)などの保険業、オリックス(8591)、クレディセゾン(8253)、芙蓉リース(8424)などのその他金融が堅調だった。

反面、三井不動産(8801)、住友不動産(8830)、東京建物(8804)などの不動産業、関西電力(9503)、北陸電力(9505)、東北電力(9506)などの電気・ガス業、JR東海(9022)、JR東日本(9020)、京成電鉄(9009)などの陸運業が軟調だった。

 

 

【来週のお勧め銘柄】
・野村ホールディングス東1〈8604〉
・ユアテック東1〈1934〉
・キリンホールディングス東1〈2503〉
・三井住友トラスト・ホールディングス東1〈8309〉
・ブラザー工業東1〈6448〉
・日本電産東1〈6594〉
・富士通東1〈6702〉
・日立工機東1〈6581〉
・フィデアホールディングス東1〈8713〉
・セイコーエプソン東1〈6724〉
・オムロン東1〈6645〉
・CKD東1〈6407〉
・ジェイテクト東1〈6473〉
・栃木銀行東1〈8550〉
・東和銀行東1〈8558〉

 

よろしければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP