日経平均(大引け):17,365円 +130 好決算の日本電産など、売買代金を2兆円台に乗せ賑わった

日経平均 17,365.25 (+130.83)
高値 17,381円80銭
安値 17,298円63銭

日経平均先物 17,370.00 (+120.00)
TOPIX 1,377.32 (+9.71)
JASDAQ 2,583.79 (-0.46)
マザーズ 936.43 (-13.22)

 

【東証1部】
売買高概算 17億6222万株
売買代金概算 2兆1160億円

値上り銘柄数 1243
値下り銘柄数 585
変わらず 157

 



 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の相場まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
25日の東京市場で日経平均株価は前日比130円83銭高の17,365円25銭と続伸した。

米株高や先物、朝方から1ドル=104円台と円安進行で寄り付きから値を上げ、後場に入ると日経平均も一時150円近くまで上昇し、午後1時1分には本日の高値17,381円80銭を付けた。

買い一巡後は上値が重く、大引けの前にはこれからの決算発表に備えて様子見な感じ。

JR九州の新規上場をはじめ、好決算の日本電産など業績予想発表を材料に売買代金を2兆円台に乗せ、賑わいを見せた。

投資家の間では決算に対して一喜一憂する動きもあるが、決算発表と為替相場を見ながらの展開となり、これから出てくる決算で安心感が強まれば、さらに上昇となるかもしれない。

業種別で見ると任天堂(7974)、アシックス(7936)、ヤマハ(7951)などのその他製品、トヨタ自動車(7203)、スズキ(7269)、ホンダ(7267)などの輸送用機器、オリックス(8591)、東京センチュリー(8439)、芙蓉リース(8424)などのその他金遊行が堅調に推移した。

反面、国際帝石(1605)、海洋堀削(1606)、石油資源(1662)などの鉱業、JFE(5411)、新日本住金(5401)、神戸製鋼(5406)などの鉄鋼、郵船(9101)、商船三井(9104)などの海運業が軟調だった。

 

よろしければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP