本日の展望:1ドル=104円台前後で推移していれば、マイナス要因にはならない

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇海外の動向
━━━━━━━━━━━━━━━━━
21日のNYダウは寄り付きから下落し、低調な企業決算や大型買収観測を受けて、一時112ドル安まで売られた。

年内の米利上げ観測の強まりを背景に、円安ドル高が進み、輸出関連企業の業績悪化懸念も相場の売りを加速させた。

ゼネラル・エレクトリックの下げがダウにかなり影響していたが、マイクロソフトやマクドナルド、ペイパルの決算が好感。

朝方は軟調だった原油先物もその後徐々にプラスに転じ、ダウ終盤には下げ幅を縮小した。

 

《米決算発表》
ビザ、キンバリー・クラーク、ジオンズ・バンコープ
休場:タイ、NZ

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の相場
━━━━━━━━━━━━━━━━━
すでに企業決算が本格化している中で、東京市場は底堅い展開が予想される。

日経平均は5月31日に付けた17,251円を上回り、新たな高値を付けるか。

予想レンジは16,900円~17,400円。

また売買代金が20日、21日と2兆円を超えており、13営業日ぶりに回復し、為替も1ドル=104円台前後で推移していれば、特にマイナス要因にはならない。

ただ鳥取県中部で発生した地震への警戒感とともに、為替動向を見極める必要がある。

 

《決算発表》
キーコーヒー、ASJ、エムスリー、ADワークス、さくら、JSR、アンジェスMG、高純度化、鉱研工業、太洋工業、KABU.COM、ナガワ、日電産、KIHD、タカラレーベン、岩井コス

 

 

■今日のイベントスケジュール
【国内】 9月貿易統計(8:50)

 
【海外】 米9月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)

 

よろしければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP