日経平均(大引け):17,234円 +49 日銀のETF買い観測が出て、底値の固さが意識された

日経平均 17,234.42 (+49.83)
高値 17,244円74銭
安値 17,162円21銭

日経平均先物 17,250.00 (+30.00)
TOPIX 1,367.61 (+2.32)
JASDAQ 2,584.25 (+3.31)
マザーズ 949.65 (-3.68)

 

【東証1部】
売買高概算 14億713万株
売買代金概算 1兆5658億円

値上り銘柄数 1231
値下り銘柄数 619
変わらず 135

 



 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の相場まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
24日の東京市場で日経平均株価は前週末日比49円83銭高の17,234円42銭と反発。

朝方は為替が円安傾向に振れていたため、プラス圏で寄り付き、17,217円19銭まで強含んだ。

その後徐々に下げに転じ、プラス圏とマイナス圏を挟んでもみ合い、
企業決算発表本格化を前に様子見ムードが続いた。

昼の時間帯には先物が上昇に転じ、日経平均もプラス圏に入り、午後1時19分には本日の高値17,244円74銭を付けた。

一部報道によると日銀のETF(上場投資信託)買い観測が出て、底値の固さが意識された。

買い一巡後は利益確定売りに伸び悩んだが、目新しい材料に乏しく、薄商いだった。

業種別で見ると極洋(1301)、日水(1332)、マルハニチロ(1333)などの水産・農林業、三菱倉庫(9301)、住友倉庫HD(9303)などの倉庫・運輸関連、旭硝子(5201)、日東紡(3110)、住友大阪(5232)などのガラス・土石製品が堅調に推移した。

反面、任天堂(7974)、アシックス(7936)、パラマウントベッド(7817)などのその他製品、国際帝石(1605)、石油資源(1662)、海洋掘削(1606)などの鉱業、三井トラスト(8309)、三菱東京UFJ銀行(8306)、新生銀行(8303)などの銀行業が軟調だった。

 

よろしければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP