日経平均(大引け):16,856円 +82 日経平均が17,000円になるには売買代金の増加が不可欠

日経平均 16,856.37 (+82.13)
高値 16,840円21銭
安値 16,727円78銭

日経平均先物 16,840.00 (+50.00)
TOPIX 1,347.19 (+4.88)
JASDAQ 2,545.30 (+0.21)
マザーズ 937.60 (-0.62)

 
【東証1部】
売買高概算 16億2616万株
売買代金概算 1兆9660億円

値上り銘柄数 1100
値下り銘柄数 749
変わらず 136

 



 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の相場まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
14日の東京市場で日経平均株価は前日比82円13銭高の16,856円37銭と3日ぶりに反発した。

朝方は前日の米株価が下落ちした流れを受け売りが先行。

マイナス圏からのスタートとなったが、その後行ったり来たりを繰り返し、前場引けには再びプラス圏に。

朝方寄り付き前は1ドル=103円60銭台で取引されていたが、中国物価統計が市場予想を上回る内容だったことから1ドル=104円台前半への支えに、午後2時48分には本日の高値となる16,866円56銭を付けた。

日経平均が再び節目の17,000円を目指し、更に上昇するには売買代金の増加が不可欠になる。

業種別では久光製薬(4530)、中外製薬(4519)、エーザイ(4523)などの医薬品、東レ(3402)、グンゼ(3002)、片倉(3001)などの繊維製品、三菱倉庫(9301)、住友倉庫(9303)、近鉄エクスプレス(9375)などの倉庫・運輸関連などが軟調に推移した。

反面、石油資源(1662)、国際帝石(1605)、海洋堀削(1606)などの鉱業、出光興産(5019)、コスモエネルギー(5021)、昭和シェル(5002)などの石油・石炭製品、デジタルアーツ(2626)、NSSOL(2327)、fonfun(2323)などの情報・通信業が堅調だった。

 

よろしければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP