本日の展望:節目の17,000円を回復したことにより、利益確定売りが優勢

2016年10月14日

NYダウ 18,128.66 (-200.38)
NASDAQ 5,246.78 (-81.88)
S&P500 2,163.66 (+9.92)

日経平均先物 16,930.00 (+30.00)
為替(ドル/円)103.54-103.56 (+0.04)
為替(ユーロ/円)114.41-114.47 (+0.01)
WIT原油先物 50.86 (-0.49)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇海外の動向
━━━━━━━━━━━━━━━━━
11日の米国株式相場は下落。

NYダウは200.38ドル安の18,128.66ドル、ナスダックは81.89ポイント安の5246.79で取引を終了。

非鉄金属大手アルコアの決算が予想を下回り、懸念から売りが先行。

原油相場やその他資源価格の下落も嫌気され、軟調となった。

 



 

NYダウ

米ドル/円

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の相場
━━━━━━━━━━━━━━━━━
11日の東京株式市場で日経平均株価は約1ヶ月ぶりに17,000円を回復。

米雇用統計や大統領選テレビ討論会も終わり、欧米の株価が堅調なことから朝方から買いが先行。

為替も1ドル=104円ぐらいまでドル高円安に振れると、日経
平均は一時200円以上の上昇となった。

更なる上値も目指したが、戻り売りや利益確定売りで上値は
押さえられた。

今後も上昇基調を期待するのであれば、売買代金の増加が必要。

そして本日は日経平均が節目の17,000円を回復したことにより、利益確定売りが優勢となり、反落も大いに有り得る。

予想レンジは16,750円―16,900円。

 

 

■今日のイベントスケジュール
【国内】 8月機械受注(8:50)
    9月工作機械受注(15:00)
           30年国債入札
    

【海外】 9月20・21日開催のFOMC議事録
    米3年国債入札
           米10年国債入札

 

よろしければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP