本日の展望:節目の 17,000円を超える相場が見られるかもしれない

NYダウ 18,329.04 (+88.55)
NASDAQ 5,328.67 (+9.16)
S&P500 2,163.66 (+9.24)

日経平均先物 16,930.00 (+30.00)
為替(ドル/円)103.66-103.69 (+0.08)
為替(ユーロ/円)115.49-115.52 (+0.13)
WIT原油先物 51.21 (-0.14)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇海外の動向
━━━━━━━━━━━━━━━━━
週明け10日のニューヨーク株式市場は、前日の米大統領候補者
民衆党ヒラリー・クリントン氏と共和党ドナルド・トランプ氏の
2回目のテレビ討論会で、クリントン氏が優勢との世論調査結果
や原油高に好感を示し、反発した。

前週末終値比88.55ドル安の18329.04ドルで終了。

ナスダック総合指数は36.26ポイント高の532867。

 

NYダウ

米ドル/円

原油(日足)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の相場
━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週末の東京株式市場で日経平均株価は5日ぶりに反落。

4連騰していた反動に加え、3連休前の手仕舞い売りが優勢に
なり、為替で103円台と円が弱含んだことも影響した。

先週ぐらいからドイツ銀行経営不安が払拭され、欧米の株高
を受け日経平均が木曜日(6日)まで4日続伸した。

17,000円に迫る場面も見られたが、週末(7日)金曜日は利益
確定売に押され反落し、上値は限定的となった。

9月の米雇用統計発表も終わり、政策金利引き上げ時期で為替
に左右する結果となりそう。

また先週末にも見られた売買代金の低さがネックとなるかも
しれない。

そして本日はNYダウ上昇、ドル高円安に向かっており、節目の
17,000円を超える相場が見られるかもしれない。

予想レンジは16,750円~17,100円。

 

 
■今日のイベントスケジュール
【国内】 8月国際収支(8:50)
    9月企業倒産件数(13:30)
            9月景気ウォッチャー調査
    

【海外】 米9月労働市場情勢指数(23:00)
            独10月ZEW景況感指数(18:00)
            EU財務相理事会

 

よろしければポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP