海外の動向と来週の展望:日経平均も9月の高値を上抜ければ、17,600円に迫る可能性に期待

NYダウ 18,240.49 (-28.01)
NASDAQ 5,292.40 (-14.44)
S&P500 2,153.74 (-7.03) 

日経平均先物 16,790.00 (-100.00)
WIT原油先物 49.55 (-0.63)

2016年10月08日 05:59現在
為替(ドル/円)102.90-102.93 (0.00)

2016年10月08日 08:00現在
為替(ユーロ/円)115.26-115.34 (+0.02)

 

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇海外の動向
━━━━━━━━━━━━━━━━━
7日の米国株式市場は小幅ながら続落。

NYダウは28ドル01セント安の18,240ドル45セントで取引き
終了。

9月の雇用統計は、非製造農業部門雇用者数が15万人を超える
予想を下回る内容となり、年内の利上げ観測の可能性は残った
見方から売りがやや優勢だった。

フィッシャーFRB副議長が講演で「失業率は自然失業率の水準
に非常に近い」との発言。

またクリーブランド連銀総裁も雇用統計の内容について、肯定
的な発言を行ったことから利上げ観測の拡大を嫌気し下落。

引けにかけて下げ幅を縮小した。

 

NYダウ

米ドル/円

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇来週の株式相場見通し
━━━━━━━━━━━━━━━━━
今週の東京市場で株式相場は16,860円09銭で取引を終了した。

ドイツ銀行の経営懸念がやや後退したし、FRB(米連邦準備理事会)
による年内利上げ観測の高まりから、ドル高円安が進み、輸出関連
株や金融株を中心に堅調な相場となった。

大隅良典氏のノーベル医学生理学賞の受賞でバイオ関連、人工知能
関連、コンテンツ関連やIPOなど、来週(11日~14日)も今週同様、
東京市場は堅調な推移を予想。

円安が進み、原油高基調が支援材料として意識される。

17,000円超えを目指した相場を意識したいが、東証1部の売買代金
が低迷し、必ずしも大幅な上昇は難しいかも知れない。

日経平均も9月の高値を上抜ければ、半年前に付けた17,600円に迫る可能性に期待したい。

予想レンジは16,600円~17,600円。

 

 

■海外のイベントスケジュール 
10月9日(土)  第2回米大統領候補テレビ討論会
      
 
10月10日(月)  ユーロ圏財務相会合
                      ノーベル経済学賞発表
                      休場:カナダ、香港、台湾  

 

よろしければポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP