本日の展望:円安傾向が持続すれば 日経平均も強含みの推移

NYダウ 18,168.45 (-85.40)
NASDAQ 5,289.65 (-11.21)
S&P500 2,161.20 (-7.07)

CME日経平均先物 円建 16,775.00 (+170.00)
為替(ドル/円)102.87-102.92 (-0.01)
為替(ユーロ/円)115.28-115.32 (+0.02)
WIT原油先物 49.19 (+0.38)

 

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇海外の動向
━━━━━━━━━━━━━━━━━
4日のニューヨーク株式市場は続落。

前日比85ドル40セント安の18,168ドル45セントで終了した。

経済指標もなく、材料的に乏しい中、午前中も方向感の乏
しい展開になった。

ランチタイム頃にはECB(欧州中央銀行)が、資産買い入れを
減らす量的金融緩和の縮小を必要を検討していると伝わり、
米長期金利が上昇。

米株式市場は一時140ドルに近い値で下げた。

 

NYダウ

米ドル/円

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の相場
━━━━━━━━━━━━━━━━━
4日の東京株式市場で日経平均株価は続伸。

円相場で1ドル102円台までドル高円安方向に振れ、外部要因
の影響を受けやすい自動車、電機など輸出関連株まで買いが
入った。

また金融株にも堅調で、日経平均株価は一時148円高になり、
ようやく16,700円台を回復。

ノーベル生理学・医学賞が大隅良典・東京工業大栄誉教授に
授与されることが決まった事を受け、タカラバイオなどバイオ
株にも買いが入った。

そして本日の相場見通しは外為市場で、円安傾向が持続すれば
日経平均も強含みの推移が想定される。

逆に円安に歯止めがかかれば、上値も限定的になる。

日銀短観でも国内の景気に停滞感があるのは確実であり、上半期
の決算でも企業の想定為替レートは円高方向に修正されている。

不透明感はまだまだ残り、積極的な買いは難しい模様。

 

 

■今日のイベントスケジュール
【国内】 特になし
    
【海外】 米9月ADP雇用統計(21:15)
米8月貿易収支(21:30)
米9月ISM非製造業景況指数(23:00)
米8月製造業受注(23:00)
ノーベル化学賞発

 

よろしければポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP