前場引け:外部要因の影響を受けやすい金融株、自動車、電機などの輸出関連企業も買いが先行

日経平均 16,633.37 (+145.93)
日経平均先物 16,710.00 (+120.00)
TOPIX 1,339.63 (+8.91)

JASDAQ 2,528.27 (+7.91)
マザーズ 958.44 (+6.81)
為替(ドル/円)102.28-102.33 (+0.67)
為替(ユーロ/円)114.54-114.59 (+0.65)
WIT原油先物 48.55 (-0.26)

 

 
【東証1部】
売買高概算 7億5300万株
売買代金概算 7792万円

値上り銘柄数 1293
値下り銘柄数 536
変わらず 149

 

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の前場まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
前場の東京市場で日経平均株価は前営業日比145円93銭高の
16,744円60銭と続伸した。

前日の米国株は下落方向に向かったが、為替で1ドル=102円
台への円安ドル高に振れたことを好感。

外部要因の影響を受けやすい銀行、証券、保険などの金融株
も堅調で、自動車、電機などの輸出関連企業も買いが先行し
た。

ISM(米サプライ管理協会)の製造業景況指数が市場予想を上回
り安心感が広がった。

そして米国自動車販売台数も予想を超える業績内容だったこと
から自動車株も買いにつながる要因になった。

ただ、寄り付き前の記事で書いた「ドイツ銀行の問題再燃で、
金融株に再び影響か!?」というように積極的な買いは難しい
といえる。

業種では銀行、精密機器、輸送用機器、電気機器などが値上がり、
電気・ガス、食料品、その他製品、情報・通信が値下がりした。

個別ではトヨタ自動車(7203)、三菱東京UFJ(8306)、タカラバイオ(4974)、三井住友(8316)、小野薬品(4528)、キーエンス(6861)が
大幅上昇している。

任天堂(7974)、NTT(9432)、スズキ(7269)は大きく値を下げた。

 

よろしければポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP