前場引け:買いが戻ってきたが手掛かり乏しく、まだまだ上値も重い

日経平均 16,633.37 (+183.53)
日経平均先物 16,630.00 (+240.00)
TOPIX 1,336.28 (+13.50)

JASDAQ 2,522.03 (+10.61)
マザーズ 955.60 (+7.43)
為替(ドル/円)101.41-101.46 (+0.08)
為替(ユーロ/円)113.94-114.00 (+0.11)
WIT原油先物 47.98 (-0.26)

 

 
【東証1部】
売買高概算 7億9489万株
売買代金概算 8192億7000万円

値上り銘柄数 1561
値下り銘柄数 321
変わらず 96

 

日経平均

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の前場まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
前場の東京市場で日経平均株価は前週末比183円53銭高の
16,633円37銭と反落。

ドイツ銀行の経営悪化を懸念が和らいだことで、前週末の
米株価が上昇。

為替も円高が一服し、外部環境による影響が好転し、朝方
から買いが戻ってきた。

ただ企業業績に対する警戒感は強く、全般的に買い手掛か
り乏しく、まだまだ上値も重い状態。

売買代金も8200億円まで届かず低調。

業種では小売、金属製品、精密機器、化学などが値上がり、
石油・石炭、鉱業の2業種のみが値下がりした。

個別ではセブン&アイ・ホールディングス(3382)、キーエンス
(6861)、花王(4452)、NTT(9432)、ファーストリテイリング
(9983)が大幅上昇している。

任天堂(7974)、川崎重工業(7012)、オリックス(8591)が値を
下げた。

 

よろしければポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP