海外の動向と週末の展望:来週の東京株式市場は為替による推移の相場に

NYダウ 18,261.45 (-131.01)
NASDAQ 5,305.74 (-33.77)
S&P500 2,164.69 (-12.49) 

日経平均先物 16,600.00 (+30.00)
WIT原油先物 44.59 (-1.84)

2016年9月24日 05:59現在
為替(ドル/円)100.98-101.01 (0.00)

2016年9月24日 08:00現在
為替(ユーロ/円)113.30-113.38 (-0.02)

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇週末のNY市場
━━━━━━━━━━━━━━━━━
23日、米国の株式市場は4営業日ぶりに反落した。

終値は前日比131ドル01セント高の18261.45ドル。

日米とも新規の買いにつながるような材料に乏しく、
利益確定売りが目立った。

原油先物も下げに影響した。

FRB(米連邦準備理事会)の利上げペースが緩やかになる
との期待で米国の株式市場は上昇していたが、買いが
一巡すると利益確定売りに押されるカタチになった。

 

NYダウ

米ドル/円

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇来週の株式相場見通し
━━━━━━━━━━━━━━━━━
23日の東京市場で日経平均株価は16,754円02銭で反落した。

米国FOMCの結果を受け22日、為替で円高ドル安で1ドル=
100円近くまで円高が進んだ。

秋分の日の前日、21日に日銀の金融政策会合の結果を受け、
315円まで大幅上昇した相場も反動を受け、23日は朝方から
売り優勢。

円高進行が一服し、売り一巡後は下げ渋った。

日銀の金政策決定会合、FOMCなど金融イベントが終った23日
は目立った材料もなく、また週末ということで小幅安で取引
を終えた。

日銀の金融政策に対する市場の評価は定まっておらず、来週の
東京株式市場も日米の金融政策会合の結果が出て、為替での
円高ドル安の動向による推移に相場が動いてきそう。

 

よろしければポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP