前場引け:日米の大きなイベントが終わり、次の材料は!?

日経平均 16,786.89 (-20.73)
日経平均先物 16,650.00 (-80.00)
TOPIX 1,349.19 (-3.48)

JASDAQ 2,496.12 (+13.80)
マザーズ 938.67 (+20.16)
為替(ドル/円)101.09-101.14 (+0.36)
WIT原油先物 45.82 (-0.50)

 
【東証1部】
売買高概算 9億9805万株
売買代金概算 1兆899億円

値上り銘柄数 1061
値下り銘柄数 763
変わらず 153

 

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇本日の前場まとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
23日、前場の東京市場で日経平均株価は前営業日比20円73銭
安の16,786円89銭と少反落した。

FOMC(米連邦公開市場委員会)後に、為替で1ドル=100円台後半
とドル安/円高の流れで、朝方から売りが優勢だった。

その後1ドル=101円台まで持ち直し、午前11時頃にはプラス圏
転じる場面もあった。

21日に急騰していた銀行など金融セクターは売りが膨らんだ。

売買が一巡した後はもみ合いに転じ、小反落した。

東証1部売買代金は前場引けで1兆円超。

日米のイベントが終わり、また休場明けの週末ということで
気迷いムードな相場。

業種では情報・通信、海運、鉱業が堅調。

個別ではシンバイオ製薬(4582)、ネポン(7985)、リファインバース(6531)が買われ、パレモ(2778)、松井証券(8628)、ヒガシマル(2058)が大きく値を下げた。

 

よろしければポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP