海外の動向と来週の展望

NYダウ 18146.74 (+250.86)
S&P500 2129.90 (+32.00) 
NASDAQ 4956.76 (+79.55)

日経平均先物 1535.00 (+230.00)
WIT原油先物 45.01 (-0.13)

為替(ドル/円)100.461- 100.465 (-0.309)
為替(ユーロ/円)111.058- 111.068 (-0.417)

 

 
8日の日本市場は4日続落となりました。

日経平均株価の終値は169円26銭安の15106円となって
います。

英国国民投票の波乱結果による暴落からの持ち直しが
見られた先週から、週明け月曜日は軟調展開から押し
目買いを集めました。

火曜日に売り直されると水曜日には下押し。

木曜日、金曜日と軟調展開が続いており、今週も不透明
相場となっています。

そして米国の雇用統計が発表になっており、非農業部門
雇用者数は、28万7000人増となり大幅増となりました。

失業率は4.9%へと増加。

労働参加率が上がったとみられ雇用の数字が落ち着いて、
利上げのタイミングについて探りが入ることになります。

最後に7月10日に参議院選挙の結果でアベノミクスの結果
を問われるものであり、大切なイベント事になります。

株式相場でもこの選挙がテーマになる選挙関連銘柄として
注目して見るのもいいかもせいれません。

 

よろしければポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP