海外の動向と来週の展望

NYダウ 17949.37 (+19.38)
S&P500 2102.95 (+4.09) 
NASDAQ 4682.57 (+19.89)

日経平均先物 15670.00 (+16.00)
WIT原油先物 49.27 (+0.94)

為替(ドル/円)102.548- 102.552 (-0.626)
為替(ユーロ/円)114.265- 114.275 (-0.319)

 

今週の日本市場は、英国国民投票の離脱派が多数を
占めた結果により、先週の金曜日から暴落し、東証
一部の99%が値下がり、月曜日も見直される展開に
なりました。

火曜日も売りからスタートしましたが、持ち直し水、
木、金とまずまずの推移になっています。

日経平均も6月24日には15000円を割り、1年8ヶ月
ぶりに安値でした。

さて7月4日以降の予想ですが、米国株や為替の
不透明さは継続的な感じで日本株も先が読めない
状態です。

そこで来週以降の材料と何かといえば7月10日の
「参議院選挙2016」です。

英国での国民投票に関心が注がれましたが、今回
の参院選、また話題の多かった都知事選も含めれば
政策関連銘柄あり期待が高まります。

7月10日前後の期間まで、政策関連銘柄も注目して
みてください!

 

よろしければポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP