海外の動向と来週の展望

NYダウ 17865.34 (-119.85)
S&P500 2096.07 (-19.41) 
NASDAQ 4894.55 (-64.07)

日経平均先物 1625.00 (-280.00)
WIT原油先物 49.75 (-0.81)

為替(ドル/円)106.96- 107.01 (0.00)
為替(ユーロ/円)120.34- 120.39 (+0.06)

 

今週の東京株式市場は40円87銭も下落し、16601円36銭で
取引きを終わりました。

先週には買い先行で進むも、外部要因軟化とともに17000円割れ。

外為市場で円高ドル安が進行したことで、週明けの月曜日
から売りが先行で、火曜日、水曜日には見直し買いに。

木、金曜日には再び軟化し、株価は先週の16600円台から今週
も同じようにボックス推移となりました。

また6月3日に発表された米雇用統計が予想よりも大きく下回り、
米連邦準備理事会(FRB)の早期利上げ観測が後退。

FRBの利上げの可能性は無きにしもあらずですが、6月は無理
でも7月の利上げという可能性も残されています。

来週の東京株式市場は16000円~17000円台後半を予想して
いますが、海外の動向次第では16000円を下回るかも
しれません。

 

よろしければポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP