2016年5月30日 大引け

2016年6月1日

日経平均 17068.02 (+233.18)
TOPIX 1366.01 (+16.08)
JASDAQ 2539.67 (+21.71)
マザーズ 1132.49 (+41.03)

売買高概算 15億9773万株
売買代金概算 1兆5604億円

値上り銘柄数 1534
値下り銘柄数 307
変化なし 114

 
30日の東京市場で日経平均株価は続伸し、先週より233円18銭高の17,068円02銭で取引を終えました。

前場では円安やNYダウの影響を受け買いが先行。

後場も寄り付きは買いが先行し、日経平均先物や円相場が1ドル111円台という円安基調が反映し引けにかけても大きく拡大し、終値で17000円台を回復しました。

円安基調で自動車や電機機器などの輸出関連銘柄が買われました。

それに加え、消費増税も延期するという観測が、景気の下振れ懸念を和らげ外国人投資家が買い戻してきています。

先週のイエレン議長の「利上げの可能性」が高まればドル高円安に拍車がかかり、日本の株式市場はこれからも期待ができます。

 

■5月30日(月)
4月商業販売統計(8:50)

 

《決算発表》
・ダイドードリンコ〈2590〉
・東和フードサービス〈3329〉
・アイ・ケイ・ケイ、ダイドードリンコ〈2198〉
・シンプレクス・ファイナンシャル・ホールディングス〈7176〉
・ながの東急百貨店〈9829〉

 

よろしければポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ


PAGE TOP